間違いだらけの税務調査 【無料相談窓口】税金6億円超を取り消させ、財産と信用を守り抜いた実体験をもとに実施中

税務調査の注意点

税務調査や査察から財産と信用を守るための注意点や対策等を、山根治公認会計士・税理士が解説。
【監修】山根治公認会計士・税理士 【関連リンク】税務調査の注意点
過少申告加算税、無申告加算税、重加算税、延滞税の違い (2016-10-26)
 いずれも納税額に上乗せされますが、以下のような違いがあります。
項目内容加算税率備考根拠法令等
過少申告加算税 税務調査の事前通知を受ける前に、自主的に修正申告をした場合。0%正当な理由があると認められる場合も同様。国税通則法 第六十五条
税務調査の事前通知を受けた後に、自主的に修正申告をした場合。5%納税額のうち、納税額と50万円とのいずれか多い金額までの部分。平成29年1月1日以後に法定申告期限が到来する国税について適用(※平成28年12月31日までは「0%」)
10%納税額のうち、納税額と50万円とのいずれか多い金額を超える部分。
期限内申告の場合で、修正申告・更正があったとき。10%納税額のうち、納税額と50万円とのいずれか多い金額までの部分。国税通則法 第六十五条
15%納税額のうち、納税額と50万円とのいずれか多い金額を超える部分。
無申告加算税 正当な理由があると認められる場合。0%法定申告期限から1月以内にされた期限後申告の場合も同様。国税通則法 第六十六条
税務調査の事前通知を受ける前に、自主的に期限後申告をした場合。5%
税務調査の事前通知を受けた後に、自主的に期限後申告をした場合。10%納税額のうち、50万円までの部分。平成29年1月1日以後に法定申告期限が到来する国税について適用(※平成28年12月31日までは「5%」)
15%納税額のうち、50万円を超える部分。
期限後申告をした場合(※加算税の加重措置がないとき)。15%納税額のうち、50万円までの部分。国税通則法 第六十六条
20%納税額のうち、50万円を超える部分。
期限後申告をした場合(※過去5年内に無申告加算税又は重加算税を課されたことがあるとき)。25%納税額のうち、50万円までの部分。平成29年1月1日以後に法定申告期限が到来する国税について適用(※平成28年12月31日までは各10%減算)
30%納税額のうち、50万円を超える部分。
重加算税仮装隠蔽している事実があった場合(※加算税の加重措置がないとき)。35%期限内申告の場合。国税通則法 第六十八条
40%期限後申告をした場合。
仮装隠蔽している事実があった場合(※過去5年内に無申告加算税又は重加算税を課されたことがあるとき)。45%期限内申告の場合。平成29年1月1日以後に法定申告期限が到来する国税について適用(※平成28年12月31日までは各10%減算)
50%期限後申告をした場合。
延滞税法定納期限までに完納しない場合。延滞税の計算方法(国税庁)を参照。国税通則法 第六十条
加算税の概要(財務省)
(注意)申告漏れがあった場合
1. 財産債務調書や国外財産調書に記載のある部分:過少申告加算税等を5%軽減(所得税・相続税)
2. 財産債務調書や国外財産調書に記載のない部分:過少申告加算税等を5%加重(所得税)
No.7457 財産債務調書の提出義務(国税庁)
No.7456 国外財産調書の提出義務(国税庁)
【関連するコンテンツ】
[対策] 加算税・延滞税の計算式
【関連する質問】
脱税、過少申告、無申告、租税回避行為、節税の違い
「仮装隠蔽行為」と「偽りその他不正の行為」の違い
修正申告と更正の請求、更正、決定の違い

税務調査の注意点: 目次

[第Ⅰ部] 税金の基礎知識
なぜ税務調査でもめるのか (2008-05-27)
税務調査時に国税局や税務署が暴走する理由 (2010-05-26)
納税者の権利とは (2010-04-06)
法律(法令)と通達の違い (2008-05-27)
国税庁、国税局、税務署、国税不服審判所の違い (2008-05-27)
税理士の役割 (2010-05-26)
[第Ⅱ部] 税務調査:基本編
税務調査と査察の違い (2013-01-10)
税務調査は拒否できるのか (2013-01-10)
国税局の査察部(マルサ)とは (2010-05-26)
国税局の資料調査課(リョウチョウ)とは (2008-05-27)
税務調査時に国税OBの税理士に立会いを依頼するのは有利なのか (2010-05-26)
[第Ⅲ部] 税務調査:実務編
税務調査を受けた際の注意点等 (2013-01-10)
査察(強制調査)を受けた際の注意点等 (2010-05-10)
修正申告する際の注意点等 (2008-05-27)
更正処分の期間 (2013-03-04)
国税局や税務署に苦情や不服がある場合の対応策 (2016-08-19)
再調査(旧.異議申立て)と審査請求の違い (2016-08-19)
国税局の査察や資料調査課の税務調査への立会い経験 (2010-05-26)
[第Ⅳ部] 税務調査:用語編
脱税、過少申告、無申告、租税回避行為、節税の違い (2008-05-27)
「仮装隠蔽行為」と「偽りその他不正の行為」の違い (2010-05-26)
過少申告加算税、無申告加算税、重加算税、延滞税の違い (2016-10-26)
修正申告と更正の請求、更正、決定の違い (2012-02-01)
[第Ⅴ部] 税務調査:統計編
再調査(旧.異議申立て)等の状況 (2010-05-26)
税務調査の状況 (2010-05-26)
査察・起訴・判決の状況 (2013-01-28)

※「間違いだらけの税務調査」のご利用にあたっては、必ず注意事項をお読み下さい。

このページを共有する

[対策] 税務調査や査察から財産と信用を守るリスクコンサルティング

*税金6億円超を取り消させ、財産と信用を守り抜いた実体験をもとに、税務調査や査察に悩む納税者のための無料相談を実施中。 [対策] 詳細を見る
〒690-0842 島根県松江市東本町5-16-9
株式会社フォレスト・コンサルタンツ (代表取締役:山根治公認会計士・税理士
 TEL:0852-25-5784 FAX:0852-25-5789
 URL:http://ma-bank.com/ E-mail:consul@mz-style.com
対応方法 - 注意点 - 流れ - ノート - 冤罪 - 生涯税金 - リンク -