間違いだらけの税務調査

冤罪を創る人々: ミラーページ (著者:山根治公認会計士・税理士

 国税局査察部(マルサ)を相手に税金6億円超(※加算税や地方税等を含めると20数億円)を取り消させ、財産と信用を守り抜いた闘いの実録。冤罪を創る人々のミラーページ。 *関連リンク

(序章)

  1. 「冤罪を創る人々」 時系列表
  2. 「冤罪を創る人々」 ― 国家暴力の現場から ―

(第一章)登場人物のプロフィール

  1. マルサ関連(主要人物)
  2. マルサ関連(その他の人物)
  3. 国税局及び国税庁関連
  4. 検察関連(主要人物)
  5. 検察関連(その他の人物)
  6. 当事者関連 ― その1
  7. 当時者関連 ― その2

(第二章)マルサ事案の概要と結末

  1. マルサ事案
  2. 脱税日本一
  3. 一審判決
  4. 二審(控訴審)判決
  5. 無罪の確定
  6. 不服審判所の裁決
  7. 原処分庁(益田税務署)による課税の取消し

(第三章)権力としてのマルサ ― 暴力装置の実態

  1. 「マルサの女」の世界 ― その虚像と実像 ―
  2. 強制調査 ― 国犯法による捜査 ―
    1. 強制調査初日 ― 平成5年9月28日(火)
    2. 初日のマルサ動員状況
    3. 強制調査二日目 ― 平成5年9月29日(水)
    4. 強制調査三日目 ― 平成5年9月30日(木)
    5. 強制調査四日目 ― 平成5年10月1日(金)
    6. その後― (1)
    7. ある社長の自殺
    8. 抗議書の作成
    9. 国税庁長官への抗議
    10. 抗議書(国税庁長官宛)
    11. 国会議員岩本久人氏
    12. その後― (2)
  3. 関係者の証言
    1. 職員は語る
    2. 銀行マンは語る
    3. 証券マンは語る
    4. 配偶者は語る
  4. マルサ取り調べ言行録
    1. 大木洋
      1. 経歴
      2. 証拠の隠匿
      3. 民事裁判の判決
      4. 余罪の追及
    2. 松田憲磨
    3. 藤原孝行
      1. 経歴
      2. 押収品
      3. 悪魔の証明 ― 鍵束の押収
      4. 国税査察官証票
    4. 三滝恒雄
    5. 永田嘉輝
    6. 黒目啓治

(第四章)権力としての検察 ― 暴力装置の実態

  1. 「正義の砦」としての検察 ― その虚像と実像 ―
  2. 強制捜査 ― ガサ入れと逮捕勾留
    1. 逮捕直前
    2. 逮捕当日 ― 別件逮捕 ―
    3. 勾留請求の裁判
    4. 拘置理由開示の裁判
    5. 捏造された勾留理由
    6. マスコミ報道の実態
    7. 本件逮捕
    8. 起訴.
    9. 検察側証拠開示
    10. 日常業務の処理
    11. 盗聴とひっかけと尾行
    12. 起訴後の捜査
  3. 公判の現場から
    1. 第一審
      1. 冒頭陳述
      2. 公判検事 立石英生
      3. 論告求刑
      4. 最終弁論と意見陳述
      5. 判決
    2. 控訴審
      1. 控訴趣意書
      2. 公判検事 梶山雅信
        1. 弁論要旨
        2. 教壇に立つ検事
        3. 意見陳述
        4. 判決
        5. 無罪(本件)の確定
    3. 上告審
  4. 冤罪の捏造と断罪の基本構図
    1. 悪魔の証明
    2. 証拠、その改竄の軌跡
    3. 証拠、その捏造の軌跡
    4. 検面調書、その詩と真実
    5. 基本構図の崩壊 ― 自滅
  5. 検察官中島行博の生活と意見
    1. 被疑者面前調書 ― 被面調書
    2. 経歴
    3. 尋問
    4. 問答
      1. リーク
      2. 自決の慫慂
      3. タマリ
      4. レバレッジド・リース
      5. 素人考え
      6. 前門の虎、後門の狼
      7. 謝辞
    5. 問わず語り
      1. 鬼検事・越山会会長・ウンコ男
      2. ドイツの判例・粗製ガソリン脱税事件・手形パクリ事件
  6. その他検察官言行録
    1. 田中 良
    2. 藤田義清
    3. 立石英生
    4. 花崎政之
    5. 長谷 透
    6. 横山和可子
    7. 永瀬 昭
    8. 野津治美
  7. 検察官訴追システムの実態
    1. 幹部検事の逮捕
    2. 訴追システムの制度疲労と検察官のモラルハザード

(第五章)勾留の日々

  1. 被勾留者の心得
  2. 房内の所持品
  3. 原体験への回帰
  4. 書写と古代幻視
  5. 安部譲二との出会い
  6. クサイ飯の実態
  7. 外出
  8. 風呂と運動
  9. 人間模様
    1. 刑務官
    2. 衛生夫
    3. 被収容者

(第六章)10年間の財政の推移

  1. 財政白書
  2. 緊急時の対応
    1. 銀行取引
    2. 収支の見直し
    3. 資金繰り
    4. 税務戦略の見直し
  3. 所得と税額の推移
  4. 資産と負債の推移
  5. 借入金等の弁済額189,332千円の弁済財源
  6. まとめ

(第七章)総括

  1. 10年間の身分の変遷
    1. 犯則嫌疑者
    2. 被疑者
    3. 容疑者
    4. 「2番」
    5. 被告人
    6. 前科者
  2. 無謬神話の崩壊
  3. 前科者としての元公認会計士

(第八章)展望

  1. 安全弁の構築と点検
  2. 公認会計士からの脱却
    1. 認知会計の発見
    2. 心のルーツへの旅

(参考資料)

  1. 第三申述書
  2. 手紙(平成11年6月)
  3. 手紙(平成13年7月)

ホームページ
3.サイトマップ
4.更新履歴
5.注意事項
6.監修者
PC向けサイト

このページを共有する
 load
 投稿
 load
 load

[対策] 税務調査や査察から財産と信用を守るリスクコンサルティング

*税金6億円超を取り消させ、財産と信用を守り抜いた実体験をもとに、税務調査や査察に悩む納税者のための無料相談を実施中。 [対策] 詳細を見る
「間違いだらけの税務調査」 運営者
株式会社フォレスト・コンサルタンツ
山根治公認会計士・税理士
TEL:0852-25-5784
E-mail:consul@mz-style.com

このページの先頭へ