間違いだらけの税務調査 【無料相談窓口】税金6億円超を取り消させ、財産と信用を守り抜いた実体験をもとに実施中

冤罪を創る人々: ミラーページ (著者:山根治公認会計士・税理士

 国税局査察部(マルサ)を相手に税金6億円超(※加算税や地方税等を含めると20数億円)を取り消させ、財産と信用を守り抜いた闘いの実録。冤罪を創る人々のミラーページ。 *関連リンク
次→:020 その後― (1)
←前:018 強制調査 三日目 ― 平成5年9月30日(木)

019 強制調査 四日目 ― 平成5年10月1日(金) (2004-05-11)

5)強制調査四日目 ― 平成5年10月1日(金)

一、 午前10時30分。松江税務署取調べ室。
 二人が待っている。野菜スープの入ったポットを持って部屋に入った。
 新本修司がしばらくしてから、黙ったまま道路側の窓を開けた。二人とも余り話をしない。
 昨日食ったニンニクが相当の威力を発揮しているようだ。藤原孝行、イタチの最後っ屁をくらったドラ猫となる。面白い顔である。


二、 藤原:「山根さん、夕べは焼肉を食べましたね。」
― こんな状態の時、肉など食えるか!

山根:「あんたらが私をいじめるので、少しでも体力をつけようと思って、にんにくタレのうどんを食べたんですよ。」
藤原:「私ら、人に会う前には、にんにくは食べないことにしているんですがね。」
山根:「礼儀正しいんですね。」
藤原:「私、つきあいは紳士的にすることにしています。」
山根:「あんたもジョークがきついね。」

藤原、絶句。
― たっぷり皮肉を言ってやった。こんな連中が紳士なら、暴力団はみな紳士だ。

三、 藤原:「今日はえらく元気そうですね。」
山根:「エー、おかげさまで昨日はよく眠れましたから。」
藤原:「そうでしょう、そうでしょう。昨日はたくさん書き写されましたからね。」
 藤原、皮肉を切り返したつもりでいる。私が夜遅くまでの取り調べに応じないばかりか、質問顛末書をこまかく吟味して訂正させる上に、書写までするので、うんざりした顔をしている。
「書写をしたのは、山根センセイがはじめてだ。いつもの何倍も時間がかかる。」
ブツクサ言っている。
― 知るか。私が令状を写したときといい、よくグジグジ言う男だ。

四、 取調べは午前中で終った。しばらく事情聴取は中断する、後日改めて自分の方から連絡すると、藤原は言った。

五、 夕方6時。島根総合研究所、理事会。マルサの話をする。
 法に触れることは絶対にしていないので、皆、安心してほしい旨話す。
 生々しいマルサの話に大いに盛り上がる。とりわけ、今日のニンニク事件のてん末は好評であり、うけた。
 マルサをサカナにして、皆で飲む。


次→:020 その後― (1)
←前:018 強制調査 三日目 ― 平成5年9月30日(木)
「冤罪を創る人々:ミラーページ」目次

※「間違いだらけの税務調査」のご利用にあたっては、必ず注意事項をお読み下さい。

このページを共有する

[対策] 税務調査や査察から財産と信用を守るリスクコンサルティング

*税金6億円超を取り消させ、財産と信用を守り抜いた実体験をもとに、税務調査や査察に悩む納税者のための無料相談を実施中。 [対策] 詳細を見る
〒690-0842 島根県松江市東本町5-16-9
株式会社フォレスト・コンサルタンツ (代表取締役:山根治公認会計士・税理士
 TEL:0852-25-5784 FAX:0852-25-5789
 URL:http://ma-bank.com/ E-mail:consul@mz-style.com
対応方法 - 注意点 - 流れ - ノート - 冤罪 - 生涯税金 - リンク -