間違いだらけの税務調査 【無料相談窓口】税金6億円超を取り消させ、財産と信用を守り抜いた実体験をもとに実施中

冤罪を創る人々: ミラーページ (著者:山根治公認会計士・税理士

 国税局査察部(マルサ)を相手に税金6億円超(※加算税や地方税等を含めると20数億円)を取り消させ、財産と信用を守り抜いた闘いの実録。冤罪を創る人々のミラーページ。 *関連リンク
次→:019 強制調査 四日目 ― 平成5年10月1日(金)
←前:017 強制調査 二日目 ― 平成5年9月29日(水)

018 強制調査 三日目 ― 平成5年9月30日(木) (2004-05-11)

4)強制調査三日目 ― 平成5年9月30日(木)

一、 午後10時。松江税務署、取調べ室。
 前日同様、野菜スープを持参。
 藤原と新本の二人が、昨日私が話したことを質問顛末書を清書して、待っていた。
 藤原曰く、「山根さんの要望を入れて、抗議の言葉を入れておきましたよ。」
 少々ふてくされた様子である。一部修正させた上で、サインに応じる。再び筆写する。

二、 午後2時30分から6時まで、二人から事情聴取を受ける。
山根:「何でもしゃべるので、二人で適当にメモをとってくれ。」
 藤原と新本の二人は、机にしがみつくようにして懸命にメモる。
 二人共、授業中に先生の言葉を一言も漏らさないように、必死になってノートをとる小学校の優等生にヘンシンしている。

三、 午後6時30分。帰宅。
 夕食はうどんであった。タレに生にんにくをすってタップリ入れる。体力をつけなければ、死んでしまう。ようやく、食事に味がでてきた。
 タレも全部飲む。明日が楽しみだ。


次→:019 強制調査 四日目 ― 平成5年10月1日(金)
←前:017 強制調査 二日目 ― 平成5年9月29日(水)
「冤罪を創る人々:ミラーページ」目次

※「間違いだらけの税務調査」のご利用にあたっては、必ず注意事項をお読み下さい。

このページを共有する

[対策] 税務調査や査察から財産と信用を守るリスクコンサルティング

*税金6億円超を取り消させ、財産と信用を守り抜いた実体験をもとに、税務調査や査察に悩む納税者のための無料相談を実施中。 [対策] 詳細を見る
〒690-0842 島根県松江市東本町5-16-9
株式会社フォレスト・コンサルタンツ (代表取締役:山根治公認会計士・税理士
 TEL:0852-25-5784 FAX:0852-25-5789
 URL:http://ma-bank.com/ E-mail:consul@mz-style.com
対応方法 - 注意点 - 流れ - ノート - 冤罪 - 生涯税金 - リンク -