間違いだらけの税務調査 【無料相談窓口】税金6億円超を取り消させ、財産と信用を守り抜いた実体験をもとに実施中

冤罪を創る人々: ミラーページ (著者:山根治公認会計士・税理士

 国税局査察部(マルサ)を相手に税金6億円超(※加算税や地方税等を含めると20数億円)を取り消させ、財産と信用を守り抜いた闘いの実録。冤罪を創る人々のミラーページ。 *関連リンク
次→:108 資金繰り
←前:106 銀行取引

107 収支の見直し (2005-07-05)

(2) 収支の見直し

1、 私の収入は、大別すると2つに分けることができる。
 一つは、経常収入であり、事務所の日常的な活動にもとづく収入である。これは、私の指揮監督のもとに10名程のベテラン職員が稼ぎ出すものであり、主に事務所の運営経費に充当されていた。
 今一つは、臨時収入であり、私の戦略的な活動にもとづく収入である。これはほとんど、私一人で稼ぎ出していたものであり、大半が蓄財に充当されることなく、将来の戦略的な活動にそなえて投資もしくは費消されていた。

2、 収入に関して、私は、自らの信用の低下等によって大幅に減少することを予測した。減少の見込みに応じて、いくつかのシミュレーションを実施し、経費についてもゼロベースで考え直してみた。
 幸いにも経常収入については特段の落ち込みはなかったので、それに対応する経費については一切手をつけなかった。
 経費の大幅見直しを実施したのは、私が戦略的に取り組んでいた研究と情報収集に関連する分野である。それらに充当していた臨時収入が大幅に低下すると考えたからだ。
 マルサのガサ入れの後、順次見直しを進め、その後私が逮捕されてからは、資金繰りの建直しが急務であったので、当面の間、当該部門を閉鎖することにした。
 この措置によって、私の収支勘定は月に250万円改善された。
 
3、 その他の経費についてはこの10年の間、私の交際費関連の支出は限りなくゼロになった。 
 その他の収入については、所有する不動産物件の活用によって、不動産収入が増加し、長い間マイナスであった私の不動産所得が、プラスに転じた。
 この2つの要因によって、私の収支勘定は、月に100万円改善された。

次→:108 資金繰り
←前:106 銀行取引
「冤罪を創る人々:ミラーページ」目次

※「間違いだらけの税務調査」のご利用にあたっては、必ず注意事項をお読み下さい。

このページを共有する

[対策] 税務調査や査察から財産と信用を守るリスクコンサルティング

*税金6億円超を取り消させ、財産と信用を守り抜いた実体験をもとに、税務調査や査察に悩む納税者のための無料相談を実施中。 [対策] 詳細を見る
〒690-0842 島根県松江市東本町5-16-9
株式会社フォレスト・コンサルタンツ (代表取締役:山根治公認会計士・税理士
 TEL:0852-25-5784 FAX:0852-25-5789
 URL:http://ma-bank.com/ E-mail:consul@mz-style.com
対応方法 - 注意点 - 流れ - ノート - 冤罪 - 生涯税金 - リンク -