間違いだらけの税務調査 【無料相談窓口】税金6億円超を取り消させ、財産と信用を守り抜いた実体験をもとに実施中

冤罪を創る人々: ミラーページ (著者:山根治公認会計士・税理士

 国税局査察部(マルサ)を相手に税金6億円超(※加算税や地方税等を含めると20数億円)を取り消させ、財産と信用を守り抜いた闘いの実録。冤罪を創る人々のミラーページ。 *関連リンク
次→:012 不服審判所の裁決
←前:010 二審(控訴審)判決

011 無罪の確定 (2004-04-06)

5.無罪の確定

一、 広島高裁の判決の二週間後、平成13年6月26日、広島高検が最高裁への上告を断念したことが、一部マスコミによって報じられた。この時点で無罪判決が確定したのである。二紙だけが、注意して見ないと気がつかないようなベタ記事の扱いで報道しており、他の新聞社は全く報道しなかった。5年前には、各紙とも争うように私についての嘘の情報をタレ流していたことを考えれば、その扱いの落差に現今のマスコミの実態を如実に見る思いであった。
“広島地検は25日、上告を断念した。同高検は「判決に不満はあるが、憲法違反など上告申立て理由に該当しないため」としている。”(平成13年6月26日、山陰中央新報)

二、 検察は、嘘で塗り固めた虚構のシナリオによって私を犯罪者に仕立てあげ、その上にあわよくば裁判所をだまして、25億円という大金を権力の名のもとに私達から強奪しようとしたことに対して、一言の謝罪の言葉もないばかりか、「判決に不満はあるが、憲法違反など上告申立て理由に該当しないため」上告を断念したというのである。検察側の主張していることが、事実無根のことであり、冤罪事件であることが明確にされたにも拘らず、検察は謝罪するどころか、全く落ち度はなかったと居直っているわけである。

三、 国税当局にいたっては、査察の告発事案、しかも当時全国一の大型脱税として鳴り物入りでさわぎたてた告発事案に関して無罪が確定したことについて、コメントを一切発表していない。しかも、この無罪の中身たるや、証拠不十分とか、犯罪の証明が十分になされていないといった消極的なものではなく、国税・検察当局が逋脱(ほだつ、脱税のこと)罪の中核に据えていた証拠が、捏造されたものであることを明白に認定した上でのものであるだけに、一言あってしかるべきであろう。

四、 国税当局が黙して語らないのは、“癒し系”とかいって、一時期若者の間でもてはやされた、どこかの国の財務大臣の顰(ひそみ)に倣って、『忘れました』とでも言って、とぼけてしまうためであろうか。

五、 驚くべきことに、国税当局は、マルサの着手時に現場の総司令官であり、虚構のシナリオを創りあげた中心人物、大木洋を、平成13年7月10日に発令した人事において、広島国税局の査察のトップである調査査察部長に据えつけた。

六、 内部の責任を問うどころではない。大木洋が捏造した虚構の大型脱税事件が、同年6月26日に一件落着したことを確認した上での人事であり、よくやったと言わんばかりの人事である。
 国税当局は、職員がどのような犯罪的行為をしていようとも、マスコミにさわがれるなど外部に明確な形で明らかにされない限り、責任を問うことなど考えてもみないのであろう。
 大木洋を調査査察部次長から同部長へと昇進させた人事こそ、国税当局の無責任体質を象徴するものと言えようか。

次→:012 不服審判所の裁決
←前:010 二審(控訴審)判決
「冤罪を創る人々:ミラーページ」目次

※「間違いだらけの税務調査」のご利用にあたっては、必ず注意事項をお読み下さい。

このページを共有する

[対策] 税務調査や査察から財産と信用を守るリスクコンサルティング

*税金6億円超を取り消させ、財産と信用を守り抜いた実体験をもとに、税務調査や査察に悩む納税者のための無料相談を実施中。 [対策] 詳細を見る
〒690-0842 島根県松江市東本町5-16-9
株式会社フォレスト・コンサルタンツ (代表取締役:山根治公認会計士・税理士
 TEL:0852-25-5784 FAX:0852-25-5789
 URL:http://ma-bank.com/ E-mail:consul@mz-style.com
対応方法 - 注意点 - 流れ - ノート - 冤罪 - 生涯税金 - リンク -