間違いだらけの税務調査 【無料相談窓口】税金6億円超を取り消させ、財産と信用を守り抜いた実体験をもとに実施中

冤罪を創る人々: ミラーページ (著者:山根治公認会計士・税理士

 国税局査察部(マルサ)を相手に税金6億円超(※加算税や地方税等を含めると20数億円)を取り消させ、財産と信用を守り抜いた闘いの実録。冤罪を創る人々のミラーページ。 *関連リンク
次→:067 悪魔の証明
←前:065 無罪(本件)の確定

066 上告審 (2004-12-07)

3)上告審

一、 平成13年6月12日、私は控訴審において、一部有罪とされたことを不服として、最高裁判所に上告した。

二、 上告審にそなえて、あらたに、3人の専門家の鑑定所見を徴求した。
 控訴審における北野弘久教授の鑑定所見は、稿が改められ、再度上告審の審査に添えた。 
 鑑定所見を寄せて下さったのは、次の四氏である。
  1. 北野弘久氏。日本大学法学部名誉教授、税理士、法学博士。
  2. 船山泰範氏。日本大学法学部教授。
  3. 三木義一氏。立命館大学教授、法学博士(一橋大学)。
  4. 山田二郎氏。元裁判官、前東海大学教授、弁護士。
三、 平成13年8月31日に、中村弁護人は、上告趣意書を作成し、最高裁判所に提出し、更に、翌14年9月9日、上告趣意書(補充書)を提出した。 
 最高裁判所の折衝窓口は、当初は後藤調査官であり、次いで芦澤調査官にかわった。中村弁護人は1回、最高裁に足を運び、後藤調査官と面談した。

四、 通常、最高裁の審理は内輪の書面審査のみであり、法廷が開かれることはない。 
 しかし、下級審の判決を変更するような場合には、法廷が開かれることがあり、私の場合、弁護人は法廷が開かれるであろうとの見通しを持っていた。

五、 平成15年9月20日、最高裁判所第一小法廷から、同年9月18日付の「決定」が特別送達され、上告棄却が通告された。
 「裁判官全員一致の意見で、主文の通り決定する」として、末尾に次の5人の裁判官の名前が記されていた。
  1. 裁判長裁判官 深澤武久 
  2. 裁判官 横尾和子
  3. 裁判官 甲斐中辰夫
  4. 裁判官 泉 徳治
  5. 裁判官 島田仁郎
 その後の詳しい経緯については、「第六章 一. 10年間の身分の変遷」の「(6) 前科者 ― 以前に法を犯して刑罰を受けている者 ― 」の二項で述べる予定である。
 最高裁判所は、私にとって沈黙の伏魔殿であった。

次→:067 悪魔の証明
←前:065 無罪(本件)の確定
「冤罪を創る人々:ミラーページ」目次

※「間違いだらけの税務調査」のご利用にあたっては、必ず注意事項をお読み下さい。

このページを共有する

[対策] 税務調査や査察から財産と信用を守るリスクコンサルティング

*税金6億円超を取り消させ、財産と信用を守り抜いた実体験をもとに、税務調査や査察に悩む納税者のための無料相談を実施中。 [対策] 詳細を見る
〒690-0842 島根県松江市東本町5-16-9
株式会社フォレスト・コンサルタンツ (代表取締役:山根治公認会計士・税理士
 TEL:0852-25-5784 FAX:0852-25-5789
 URL:http://ma-bank.com/ E-mail:consul@mz-style.com
対応方法 - 注意点 - 流れ - ノート - 冤罪 - 生涯税金 - リンク -