間違いだらけの税務調査 【無料相談窓口】税金6億円超を取り消させ、財産と信用を守り抜いた実体験をもとに実施中

冤罪を創る人々: ミラーページ (著者:山根治公認会計士・税理士

 国税局査察部(マルサ)を相手に税金6億円超(※加算税や地方税等を含めると20数億円)を取り消させ、財産と信用を守り抜いた闘いの実録。冤罪を創る人々のミラーページ。 *関連リンク
次→:055 冒頭陳述
←前:053 盗聴とひっかけと尾行

054 起訴後の捜査 (2004-10-19)

12) 起訴後の捜査

一、 私は、平成8年2月15日、別件の公正証書原本不実記載同行使容疑で、同年3月7日、本件の法人税法違反容疑で起訴された。
 
二、 私の捜査は、起訴された後も終ることなく続けられた。平成8年4月から同年7月頃にかけて、私と私の関連会社及び、私と深い関係にある人達の、主に銀行口座が徹底的に洗われた。
 島根、鳥取両県の主要金融機関に改めて捜査が入り、主に私に関する隠し口座を捜し出そうとした形跡がある。

三、 素人の検察事務官にはできそうもない捜査であり、おそらくはマルサの連中が手分けをして行ったのであろう。

四、 思うに、私を起訴してみたものの、検察は全く自信がなかったのではないか。
 仮装売買と騒ぎたて勢い込んで起訴に持ち込んだものの、検察は起訴の時点で、検察自らが証拠を捏造していることを十二分に承知していたために、普通であれば、ほゞ100%検察の言いなりになっている裁判官ですら、無罪の判決を出すのではないかと危惧していたのではなかったか。 
 このために、私の余罪をなんとしても見つけ出し有罪に持ち込む必要があったのではないか。
 異例とも言える起訴後の大がかりな捜査は、以上の疑念を抱かせるには十分なものであった。

次→:055 冒頭陳述
←前:053 盗聴とひっかけと尾行
「冤罪を創る人々:ミラーページ」目次

※「間違いだらけの税務調査」のご利用にあたっては、必ず注意事項をお読み下さい。

このページを共有する

[対策] 税務調査や査察から財産と信用を守るリスクコンサルティング

*税金6億円超を取り消させ、財産と信用を守り抜いた実体験をもとに、税務調査や査察に悩む納税者のための無料相談を実施中。 [対策] 詳細を見る
〒690-0842 島根県松江市東本町5-16-9
株式会社フォレスト・コンサルタンツ (代表取締役:山根治公認会計士・税理士
 TEL:0852-25-5784 FAX:0852-25-5789
 URL:http://ma-bank.com/ E-mail:consul@mz-style.com
対応方法 - 注意点 - 流れ - ノート - 冤罪 - 生涯税金 - リンク -