間違いだらけの税務調査 【無料相談窓口】税金6億円超を取り消させ、財産と信用を守り抜いた実体験をもとに実施中

冤罪を創る人々: ミラーページ (著者:山根治公認会計士・税理士

 国税局査察部(マルサ)を相手に税金6億円超(※加算税や地方税等を含めると20数億円)を取り消させ、財産と信用を守り抜いた闘いの実録。冤罪を創る人々のミラーページ。 *関連リンク
次→:050 起訴.
←前:048 マスコミ報道の実態

049 本件逮捕 (2004-09-21)

7) 本件逮捕

一、 平成8年2月16日、午前8時半ごろ、一番に風呂に入らされた。この日、検察庁に行く予定という。
 午前9時半、松江地検に連行され、本件の法人税法違反容疑で再逮捕される。
 午前10時9分、被疑者弁解書なるものを作成。
 「全て検察の捏造であり、いいがかりである。当然、無罪である。」と申し向け、署名指印。
 
二、 「君達は、こんなごまかしをよくやるね。検事としての誇りが、君達にはあるのか。恥を知れ。」
― 私は、検事中島行博を睨みつけた。中島も負けじとばかり、睨み返してきた。両腕を組んで2分位睨み合っていたであろうか、そのうち中島が目をそらした。

三、 この日のノートには次のように記されている。
「事務所がどうなるか。今、確定申告の時期だ。脱税の報道は全国的に大々的に流されるだろう。事務所のことをどうするか。真剣に考えるときが来たかもしれない。わが事務所は、これで駄目になるかもしれない。どうするか。わが人生をどのように立て直すか。
 今日はどっと疲れがでたようだ。昨日の起訴、今日の再逮捕。ともかく今日は早く休んで体力を回復させることだ。今日は取り調べがないだろうが、仮にあっても、疲れたと言って拒否しよう。早く横になりたい。もうすぐ6時である。
 担当の看守が、オーキューバン(バンソーコー)を一枚くれた。手の指にケガをしていたのである。
『明日から休みになるので、一枚入れておくわ。』うれしかった。このところ一寸でも親切にされると、すぐ涙が出る。涙腺がゆるみっぱなしである。この若い看守もこのごろ少していねいになった。人の情けを忘れてはならない。このような究極的な生活をしていると、特に身に沁みる。
 今日は取調べがなかった。」

次→:050 起訴.
←前:048 マスコミ報道の実態
「冤罪を創る人々:ミラーページ」目次

※「間違いだらけの税務調査」のご利用にあたっては、必ず注意事項をお読み下さい。

このページを共有する

[対策] 税務調査や査察から財産と信用を守るリスクコンサルティング

*税金6億円超を取り消させ、財産と信用を守り抜いた実体験をもとに、税務調査や査察に悩む納税者のための無料相談を実施中。 [対策] 詳細を見る
〒690-0842 島根県松江市東本町5-16-9
株式会社フォレスト・コンサルタンツ (代表取締役:山根治公認会計士・税理士
 TEL:0852-25-5784 FAX:0852-25-5789
 URL:http://ma-bank.com/ E-mail:consul@mz-style.com
対応方法 - 注意点 - 流れ - ノート - 冤罪 - 生涯税金 - リンク -